スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ククリア王国 ユウタロウの日記20

この日、移住してきてからずっと気になっていたことを、思い切ってサンチャゴさんに聞いてみた。
そうだったのか~
まがまがしい気配…
ぼ、僕も鳴らせるの!?
後で確認しよう
そういえば、今まであまり気にしてこなかったけど…
サンチャゴさんて何気に鍛えてるよね?
年も年なのに、めいっぱい自分の人生を駆け抜けてる感じが気持ちいいなぁ。

次の日森に入ると、カルナの乙女が目の前を歩いていたので声をかけた。
あれ?
タチアナさん…?
あれ?マリラさんじゃなくなってる。
てことは、アゼルくんと婚約間近なのかなぁ?
タチアナさん、まだ移住してきたばっかりなのに…頑張ってね。
(しかしタチアナさんは、このあと何年にも渡ってカルナの乙女を務めなければなならなくなる。僕はもちろん、このときは知る由もなかったのだが…)

酒場の店主になりたくて、闘技場で大会への参加登録のために寄ってみたら、モリーさんが練習試合をしていたので見学させてもらうことに。
モリーさん練習試合
モリーさん、強いんだなぁ…。
モリーさんの旦那さんは魔道師なんだけど、旦那さんに少しでも近づこうとしているのだろうか…?
ククリア王国の女性って、たくましいよね。
メディくんは、今年僕と一緒に農場員になった同期だよ。

ルイ・マリーの婚約者、ロウェーナーさんがシズニ神官の部屋に入って行くのを見かけたのでついて行ったら、今年成人したルチアちゃんに会った。(ロウェーナーさんは、ルイスペドロに会いに来たのだろうか…?)
!?
おぉっ!!?
っと!あやうく変な声が出そうになった…!
ルチアちゃん…きみ、ホアキンくんと恋人同士なの…!?

実は僕はホアキンくんがよく学校に誰かを尋ねに行くところを頻繁に目にしていた。
学校に、誰か気になる子でもいるのだろうか?と怪しんでいたのだけれど…
まさか、ルチアちゃんだとは思わなかったよ…。

ルチアちゃんもホアキンくんのことをすごく好きなんだと思う。
だって今日は年が明けてからまだ4日しか経っていない…。成人式が終ってからすぐに、彼のもとへ走ったんじゃないだろうか…。

そんなことを悶々と考えつつ、料理の味比べ大会へ参加。
大会参加!
渦中のひと(?)シキさんが僕のまん前で、僕を応援してくれてる…!
ううう~ん…彼女は知っているんだろうか…言うべきか、言わざるべきか…
そんなことを考えながら作っていたら、、、
まずまずの味ですw
かなり迷走した味になってしまったらしい…。
料理中に悩み事をしちゃいけないね;;それに、僕が首を突っ込む問題じゃないんだと思うんだ…。
シキさん、応援してくれたのにごめんよ。

僕以外はみんな良い評価をもらっていた。
結局、今年酒場の店主に選ばれたのは、隣に座っていたメーガンさんだった。
農場副代表兼、酒場の店主に
メーガンさんは、農場副代表も勤めているので、服装が一気に店主服へ。
今年は稼ぎ年かな?
友人と一緒に遊びに行くね!

でも、ちょっと残念な気持ち…。
たった1日で色んな心情になっちゃったので、牧場へ行くことにした。
まだ今日は、誰もラダたちにエサをあげてないんじゃないだろうか?

落ち込んだ僕を気遣ってか、サンチャゴさんが様子を見に来てくれた。
優しいサンチャゴさん…
「気分転換に、ちょっとラダたちと戯れようかと…」
「ほどほどにな…」
くすっと笑って去っていくサンチャゴさん。

するとすかさずウイコちゃんが「ユウタロウさん、元気出して!」と走ってきて、、、
ウイコちゃんがとにかく可愛い…!
今日も一日が終るね

「はははは^^ごちそうさまw」
と、笑って去って行くサンチャゴさんを、僕は照れながら見送った。

夕闇が降りてきた牧場には、虫たちの鳴き声が静かに響き渡っていた。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。